海外不動産の投資が断然儲かる|うまい話がココにあり

婦人

家賃債務保証会社の選び方

集合住宅

家賃債務保証は、賃貸を契約するときに連帯保証人を立てるのではなく、家賃を滞納をしたときに一時的にその代金を立て替えてくれるサービスです。家賃債務保証サービスは、物件の持ち主が保証会社と契約することで利用できます。その仕組みは、まず、物件の持ち主が家賃債務保証を提供している会社と契約した上で、物件を貸し出します。後に、家賃滞納があった場合には、契約した保証会社が滞納している家賃を立て替えしてくれます。後日、保証会社が物件を借りている本人にその金額を請求するという仕組みです。この家賃債務保証は契約した会社によって内容がさまざまあります。家賃滞納に対する保証期間の長さや入居者と裁判になったときの費用を出してくれる会社もあります。また、建て替えた家賃の催促の方法も異なってくるのです。そのため、家賃債務保証サービスを依頼するときには、サービスの充実している会社を選ぶといいでしょう。家賃の滞納があった際に家賃保証会社から貸主に料金の建て替えを行ないますが、それを入居者から回収できないと、会社側は損をしてしまいます。そのために、保証会社が入居者に滞納している家賃の催促をするのです。ですが、家賃債務保証会社によっては家賃とは別に延滞料を請求したり、強引に部屋に押し掛けるなどの悪質な取り立てを行なったりします。そのような会社を選ぶために、その会社が一般社団法人全国賃貸保証業協会などの団体に所属しているかを確認するといいでしょう。