海外不動産の投資が断然儲かる|うまい話がココにあり

紙幣と人形

目的に応じた国の選択

背広の人

三つの方針から選ぶ必要性

海外不動産で投資を行うときにはどのような目的で投資を行うかを明確にした上で国を選ぶことが重要です。海外不動産は日本国内の不動産とは異なる事情があります。日本では家賃収入によるインカムゲインを中心にした不動産投資を行うのが基本ですが、海外不動産を利用して資産形成を行う場合には必ずしもインカムゲインが目的になるわけではありません。キャピタルゲインに重きを置く方法も、減価償却を活用する方法もあるのです。国によってはこれから地価が飛躍的に高騰すると期待される場合があります。発展途上国の不動産はその代表的なものであり、購入してある程度の期間は保持しておき、適切なタイミングで売却することでキャピタルゲインが得られるでしょう。ハイリスクハイリターンの投資になりますが、大きな資産形成ができる可能性がある方法です。海外不動産では経済状況が日本とは大きく異なる国を選べるため、キャピタルゲインを求める不動産投資が比較的行いやすいでしょう。一方、減価償却によって所得税を節税する目的での不動産投資も行えます。国によって減価償却のシステムは大きく異なり、古くて速やかに減価償却を行える場合があるからです。減価償却を速やかに行って売却してしまい、また新しい不動産を手に入れて減価償却を行うということを繰り返して節税をしながら稼いでいくのも効果的な戦略の一つです。所得が多くて苦労している人にはうってつけの投資方法でしょう。

セミナー

不動産投資に必要な勉強法

不動産投資セミナーにはたくさんのセミナーがありますが、初心者は無料のセミナーに参加して雰囲気を掴みます。中級や上級者は実践的なセミナーを選びます。有名講師や定期的に開催しているセミナーは質が充実しています。

集合住宅

家賃債務保証会社の選び方

家賃債務保証は入居者が家賃の滞納をしたときに、変わりに立て替えてくれるサービスで、保証会社は後日入居者に家賃の請求をします。ですが、悪質な保証会社は悪質な取り立てを入居者に行なうこともあるので、優良な会社を選ぶことが大切です。

模型

部屋を貸せるサービス

外国人客に自宅や部屋を貸し出すサービスと言えばairbnbがあります。これは代行会社を利用して行うと便利です。代行会社ではすべての管理を行うだけでなく、入居者の募集から料金の支払いサポートまで行っています。